専門家が選んだマネー本を時短学習
キャッシュフロー・クワドラント
ロバート・キヨサキ
#
ベストセラー
#
マインド
#
副業・キャリア
#
専門家の推薦
quotes

金持ち父さん貧乏父さんの方が有名ですが、「金持ち父さん」シリーズ第二弾のこちらの書籍の方が、ためになると思います。 E(employee)、S(Self-employed, Specialist)、B(Buisineess Owner)、I(Investor)のクワドラントで日本人はB、Iに対する意識が低く、いい大学に入っていい企業に就職する(Eとして生きる)か、医者や弁護士などになりましょう(Sとして生きる)という教育がなされています。 しかしお金をより大きく稼ぐためにはB,Iが重要です。起業や投資をする重要性が理解できる一冊です。

- 榊原 正幸 -

この書籍は起業や資産運用の名著として知られており、特に4つのクワドラントはいつの時代にも通用する蓄財の考え方です。私は大学生の頃に本書を読み込んで大きな影響を受けましたし、現在の会社経営や投資活動にも活きています。特にビジネスオーナーや投資家を目指す人にとってバイブル的な一冊です。
- たつや先生 -

キャッシュフロー・クワドラントとは何か?

キャッシュフロー・クワドラントは、どこからお金を得ているかに基づいて、人々を分類する方法だ。次のような4つのクワドラント(円を四等分したもの)から成り立っている。

 

E:従業員(employee)

S:自営業者(self-employed)

B:ビジネスオーナー(business owner)

I:投資家(investor)

私たちはこの4つのクワドラントのうち、少なくとも1つに属している。

たいていの人は、給料が主な収入源だから従業員Eだ。その他に自分の雇い主は自分だという自営業者Sもいる。この従業員と自営業者がキャッシュフロー・クワドラントの左側に来る。

右側にいるのは、ビジネスを自分で所有するBや投資をするIでそれによって収入を得ている人たちだ。 

クワドラントは、それぞれが独自の特徴をもち共通する特性がある。それを理解することで、今自分がどこに属し将来どこに属したらいいか把握できる。

経済的自由を目指すなら、特にビジネスオーナー、あるいは投資家が持つ技術を使うのが近道だ。今Eとして成功している人は、引退後の経済状態を安定したものにするために、Iとして成功する必要がある。 

クワドラントで見る4つの人間タイプ

クワドラントによって、どんなふうに人間が異なるのか、一般的な特徴のいくつかをあげてみよう。 

E:従業員

Eクワドラントに属する人は安定を求める。お金や仕事の事となると不確実な状態になって恐怖を感じるのは絶対嫌だと言う人が多い。肝心なのは安心していられることと、それがきちんと文章化され保証されていることだ。

S:自営業者

Sは、自分の収入を他人に依存するのを嫌がる。自分が頑張れば、その分稼ぎも多くなって当然という考え方だ。恐怖や金銭的なリスクを前にした時、彼らは自分でそれを処理するために真正面からぶつかる。

仕事で一番大事なのは誰にも依存しない独立した状態でいること。自分の好きな方法をやる自由を確保できていることだ。 

B:ビジネスオーナー

本物のBは4つのクワドラントの全てから優秀な人材を集め、自分の周りを固めておきたいと考える。何か問題があったら頭のいい人たちを雇って答えを出させる。そうすれば自分の頭もすっきりした状態に保つことができ、もっと大事なことに使える。といったものだ。

 Bタイプの起業家はシステムを持ち、そのシステムを運営するために優秀な人材を雇っている。

 

I :投資家

投資家はお金でお金を作り出す。Iクワドラントこそ金持ちの活動の場だ。いつか金持ちになりたいと考えている人は誰でも最終的には、このクワドラントに来なければならない。

金持ちは収入の70%を投資から得ていて、残りの30%給料から得ている。 Iクワドラントに属する人は、ほかの人より少ない労働時間で多くの収入を得られ、しかも払う税金は少ない。

誰もが投資家になる時代

今や産業時代は過去のものとなり、情報時代が提供するチャンスに向けて準備をする必要がある。

二つの時代の大きな違いは、経済的支えをどう準備するかという点にある。いい仕事に就くためには学校に行く必要があるが、それと同時に投資のやり方も学ばなければならない。

産業時代の後遺症の一つは、個人的な問題を解決するのに政府を当てにする人が増えすぎたことだ。そのため、お金に関するリスクを避けて暮らしてきたEやSの人が投資家になろうとIクワドラントへ大移動を開始した。

だが、残念なことにIクワドラントは保障を求める人たちのためのクワドラントではない。むしろリスクのクワドラントと言っていい。

だからBとIのクワドラントに必要な知識を常に蓄え、どんな状況にも対処できるように準備をしておく必要がある。私がお勧めしたいのは他人に、お金を渡して投資してもらうのではなく、自分で投資家になるための勉強をすることだ。 

クワドラントの左側にいる人が多いのは従来の教育が原因

多くの人が安定した仕事を求める最大の理由は、そうするように家や学校で教えられてきたからだ。人々のうち90%はキャッシュフロー・クワドラントの左側EかSで働いているが、その主な理由は学校で習うのが左側についてだからだ。 

左側で頑張ると昇進して多くの責任を任せられるようになるが、自分の時間や家族と過ごせる時間は少なくなる。成功すればするほどお金は多くなるが、時間はなくなる。

一方Bで成功すると、お金と同時により多くの自由な時間を手に入れられる。ビジネスが上手くいけばいくほど仕事の量を減らすことができるからだ。 

クワドラントの右側で成功するためにはファイナンシャル・インテリジェンスが必要だ。ファイナンシャル・インテリジェンスとは次のように定義する。

・お金をいくら儲けるかではなく、どれだけのお金を自分のものにしておくことができるか

・そのお金をどれくらい効果的に働かせることができるか

・それを何世代にわたって続けることができるか 

基礎的なファイナンシャルインテリジェンスがなければ、右側のクワドラントで生き残ることはできない。

ビジネスシステムを手に入れる

Bのクワドラントに移動するときに覚えておいてほしいのは、あなたのゴールはビジネスシステムを所有することだ。今一般に使われている主なビジネスシステムは次の3つがある。

よき師を得てビジネスシステムを新たに作る

よき師とは あなたがやりたいと思っていることで既に成功し、成功を収めている人だ。アドバイザーではダメだ。アドバイザーは大抵Sに属している。

他にビジネスシステムについて学ぶ伝統的な方法の一つは、有名大学でMBAを取ることだ。だが、それだけでビジネスシステムを形作るすべてを動かすことはできない。

ビジネスシステムを新たに作るという方法にはかなりの努力が必要だ。試行錯誤を繰り返す一方でシステムのために働いてくれる人間も自分で組織しなければならない。 

フランチャイズ権を買ってビジネスシステムについて学ぶ

フランチャイズ権を買うことは、いわば試験済みのシステムを買うことを意味する。すでにシステムは出来上がっているわけだから、あなたは人間を組織することに専念できる。

フランチャイズ権を買う場合の注意を1つ。それは自分で何から何まで仕切るSにならないようにすること。システムを買ったらEに徹してビジネスシステムについて学ぶ。余計なことはやらないで言われた通りのことをすることだ。 

ネットワークビジネスに参加してビジネスシステムを手に入れる

ネットワークビジネスは、テクノロジーの発達により完全に自動化されていて、面倒な事務手続きや会計、顧客のフォローアップはほぼ100%ソフトウェアによって管理されている。つまり、初めての人でも細々とした管理に悩まされることなく、ビジネスを築くことに全力投入できる。

クワドラントの右側に移動するのに役立つネットワークビジネスを見つけたいなら、商品よりも会社が販売人の為に用意している教育に焦点を合わせて探すといい。あなたを教育し成功の手助けをすることに重点を置いている会社だ。 

投資家の五つのレベル

Iのクワドラントには5つのレベルの投資家がいる。 

投資家レベル1 ファイナンシャル教育ゼロの人 

賃借対照表の試算欄に何も入っていなくて投資からの収入はゼロ、負債があるという人はこのレベルだ。悲しいことに、かつて世界で最も裕福な国だったアメリカで、今人口の50%以上が一番下のこのレベルにいる。

投資家レベル2 お金を貯めて損をする人

貯金をすることが賢い方法だと信じている人は多い。債券を保有する人、年金プランにお金を預けようとする人は長期の投資をすることで、自分のお金をとどめておこうとする。問題はインフレが進むことにより購買力が大幅に失われることだ。

投資家レベル3 その暇がないという人

多くは高い教育を受け仕事や家族、趣味や個人旅行などで忙しく、投資を学ぶ暇がないという人たちだ。だから彼らは自分に代わって管理してくれるお金の専門家にお金を預ける方がいいと考える。

一番問題なのは、たとえお金を失ってもその人の経験にならず何も学べないと言うことだ。

投資家レベル4 私はプロだという人

このレベルの投資家はDIYタイプの投資家だ。自分で株を売買し不動産物件を探し、修繕し、管理する。 自分でなんでもできるのだから、ファイナンシャル教育を学ぶ必要はないというのが彼らの考え方だ。

そんな中、適切なファイナンシャル教育を受けた少数のレベル4の投資家たちは次のレベル5の階段を登って行く。

投資家レベル5 資本家レベルの人

これは世界で最も裕福な金持ちのレベルだ。つまりBであり、Iで投資をしている人たちだ。

彼らは個人ではなくチームを組んで投資する。投資家が一番賢い人間である必要はない。一番賢いチームを持っていればいい。真の投資家は市場が上がろうが下がろうが関係ない。市場がどんな状態でも儲ける。 

あなたは今どのレベルの投資家か? 

 短期間で富を築きたいと真剣に考えている人は、先ほどの投資家の5つのレベルのうち自分が今どこに居るのかを考えてほしい。すると自分の長所と足を引っ張る弱点にも気づかされる。

私自身が見つけた性格的欠点の一つはギャンブラー的性格で、これはレベル4の投資家の要素のひとつだ。だから私は自分でも学び続ける事で性格的欠点をなおし、それを長所へと変える作業にとりかかった。 

私と同じ道をすべての人に勧めるつもりはない。私が勧めるのは自分で選択するということだ。それこそが真の自由だ。読者の皆さんにはぜひ5つのレベルをじっくりと検討し、新しい考え方、情報を消化して、そこから結果を得る方法を学んでほしい。

必要なのはファイナンシャル・リテラシー

不動産会社や株券は目で見ることが出来る。でも本当に大切なことは目に見えない。

契約、市場、マネジメント、リスク要因、キャッシュフロー、会社の組織など投資の良し悪しを左右する多くのことは、実際には目に見えないがそれが一番大切なことだ。

大抵の人は不動産の値段や株を発行している会社の名前ばかりに注目し、目に見えるものをあてにして決断をくだす。理性でなく感情に動かされて買ってしまう。 

儲かる取引に変えるには、目に見えないものを頭で見る。目を使うのは5%、あとの95%は頭で見るように自分を訓練する。

必要なのはファイナンシャル・リテラシーの一言に尽きる。お金に関する言葉と数字を理解し、資本主義における数字のシステムをマスターする。

お金に関してしっかりしたリテラシーがあれば、有能なアドバイザーは、より高度なアドバイスを与えることができる。反対に、お金について無知ならば安全な運用戦略しか教えられない。それは法律で決められている。

自分で自分を教育しなければいけない。それが出来て初めて優秀なアドバイザーからごく少数の人を対象にした貴重な投資戦略を教えてもらえるのだ。 

クワドラントの右側に移るために必要なこと

大事なのは「臨む決意」

キャッシュフロー・クワドラントの右側に移る際に役に立つビジネスシステムは、すでに既存のものもある。だが大事なのは、その移動のプロセスの中で、あなたがどう変化しどのような人間になるかだ。 

お金は人を中毒にする力がある。例えば、人に雇われて給料もらっていると、そうやってお金を手に入れることに慣れてしまう。 左側から右側に移るときに一番難しいのは、それまで自分がお金を稼いできた方法にしがみつく気持ちを断ち切ることだ。 

どんな人でも好きなクワドラントに入ることができる。そのことは忘れないでおいてほしい。成功するかどうかは、それに臨む決意の強さにかかっている。

テクノロジーの進歩は速度を増す一方で、仕事に就くために要求される能力を維持するには、最新のテクノロジーについて訓練を受けなければならない。

いずれにせよ、再教育を受けなければならないのなら、キャッシュフロー・クワドラントの右側に移るのに必要な技術を学ぶために、時間を割いてみてはどうだろう? 

会社や政府が将来の安定を保証してくれるという考えは、今では神話にすぎない。新しいことを学び、このすばらしい新世界に船出しよう。隠れてばかりいてはだめだ。 

どうしたら金持ちになれるか?  

このハイテク時代にあって、大きな富を築くための原則は相変わらず単純でローテクだ。私に言わせれば、ただ常識を働かせればいい。だがお金の事になると、常識が働かなくなるのが常だ。

金持ちになりたかったら頭を使う必要がある。みんなの考えについて行くのではなく、自分自身で考えなければいけない。技術的というより、むしろ感情的なものだ。

ファイナンシャル・インテリジェンスはエモーショナル・インテリジェンス(感情的理性)と深い関係がある。大抵の人は感情によって思考がコントロールされていることが原因で、お金に苦労している。 

お金に関してリスクを冒すと私たちは皆、恐怖を感じる。お金持ちだって同じだ。違うのは、その恐怖心をどうコントロールするかだ。

右側に属する人たちの場合は大金を失うことに対する恐怖が別の考えを生む。つまり賢くリスクをコントロールする方法を学ぼうと考えるのだ。恐怖という感情は同じでも、人間が異なれば考えが異なり、異なる行動につながり、異なる結果を生む。 

投資家やビジネスオーナーとして成功するためには、勝ちに対しても負けに対しても感情的に中立の立場でなければいけない。

クワドラントの右側で成功するために 

「千里の道もよちよち歩きの一歩から」と言いたい。私がわざわざヨチヨチ歩きという言葉を入れたのは、世の中にはいきなり大股で飛び出そうとする人がたくさんいるからだ。

金銭的な成功を長期にわたって維持するには、一歩の歩幅が広ければいいというものではない。そこに到達するまでの歩数や目指す方向、それにかける年数などが大事だ。 

そしてBやIへの移動が単に頭の中での学習プロセスではなく、感情的な学習も大きくかかわっていることをしっかり覚えておいてほしい。今のクワドラントに引き留めているのは、恐怖心あるいは自分に対する疑いの気持ちだ。 

たとえヨチヨチ歩きでも歩き続ければ、長い間にそれが積もり積もっていく。 全く足を前にふみださずにいる人は、知識や経験の蓄積による複利の力を利用することはできない。

長期的な大きな夢や希望を持つのは素晴らしいことだが、それらの実現はいくつもの小さなステップからなる。

私からのアドバイスはいきなり外に飛び出して投資信託を始めたりせずに、まず小さいところから始め、自分を教育しろということだ。 

クワドラントの右側に移るための7つのステップ 

キャッシュフロー・クワドラントの右側に移るための7つのステップについてお話しする。全部一週間でやってしまおうと思ったら大仕事だ。ぜひともヨチヨチ歩きから初めていただきたい。

 

ステップ1 自分のために働くことを考える

あなたは他人をお金持ちにするためにせっせと働いてはいないだろうか? 自分の人生を自分でコントロールし、本来自分がやるべき事により多くの時間を費やそう。

ステップ2 キャッシュフローを管理する

人生というビジネスを預かるCEOとしてあなたがやるべきことは、キャッシュフローを管理すること。 債務を背負うと、同時に自分が誰かほかの資産に組み込まれることを覚えておかなければならない。 

ステップ3 本当に危険なのは何かを知る

投資は危険ではなく無知であることが危険だ。資産を買うことは危険なことではない。「これは資産だ」という他人の言葉を信じて負債を買うことが危険なのだ。

ステップ4  どんな投資家になりたいか決める

問題を探す投資家になろう。大事なのは、小さいことから始めて問題解決の方法を学ぶことだ。問題解決能力が伸びるのに伴って、大きな富が手に入るようになる。 

ステップ5  よき師を見つける 

よき師というのは、何が重要で何が重要でないかをあなたに教えてくれる人だ。 この世の中には素晴らしい手本となるよき師もいるが、それと同時に悪い手本つまり反面教師となってくれる人もいる。 

ステップ6  失望をバネにする

失望からくる感情的痛みがあまりに大きいと他人のせいにして、その痛みを押し付けようとする。 失望は負債でなく資産に変えるべきだ。 自分の思った通りにいかないこともあるが、それを自分の中でどう処理するか、それによって違いが出てくる。 

ステップ7 自分を信じる

どんな理由であれ、自分が引け目を感じることがあったとしても長い目でみたら、そんなものは何の意味もない。力を引き出すために必要なのは、強く望むこと、固く決意すること。そして自分にほかの人とは違う才能があると心から信じることだ。 

著者
ロバート・キヨサキ
投資家・著述家・教師。サーファー用財布の会社を起こし、全世界で驚異的な売上を記録した。またビジネスと投資を教える教育会社を起こす。著書の『金持ち父さん貧乏父さん』は全世界で大ベストセラーとなった。
出版社:
筑摩書房
出版日:
2013/11/08

※Bibroの要約コンテンツは全て出版社の許諾を受けた上で掲載をしております。

同じカテゴリーの本

book images
本物の長期投資でいこう!
#
株式
#
専門家の推薦
book images
ユダヤ富裕層13歳までに学ぶお金のルール
#
新着
#
節約・貯金
#
マインド
book images
バフェットの財務諸表を読む力
#
専門家の推薦
#
株式
book images
#シンFIRE論
#
マインド
#
副業・キャリア
book images
キャッシュフロー・クワドラント
#
ベストセラー
#
マインド
#
副業・キャリア
#
専門家の推薦
book images
【経済学者たち編】証券投資の思想革命
#
知識・教養
#
専門家の推薦
book images
賢明なる投資家
#
ベストセラー
#
株式
book images
10倍株・100倍株の探し方
#
専門家の推薦
#
株式